TOPへ


病院だより

病院からのお便り

日差しが強くなり、気温も上がってきました。暑い季節がもうすぐそこです。 そんな6月ですが、6月4日は何の日だったかご存知ですか? 「虫(64)歯予防の日」です。

皆さん、日頃ワンちゃんネコちゃんの歯のケアをしていますか?

早い子であれば、3歳くらいから歯石の付着が見られ、歯周病になり始めます。 これは特に、トイ種の犬がなりやすいといわれています。 一度歯石が付着してしまうと、人みたいに「はーい、口開けて下さいね」というわけにはいきません。ほとんどの場合、全身麻酔による処置が必要となります。

そこで、日頃のお手入れが大事になります。 「歯みがきはうちの子は無理だわ」 いえいえ、今は歯磨きガムやおいしい歯みがきペーストを口にするだけでもお手入れ可能ですよ。(酵素の力で口の中の細菌を抑えます!!)

歯に関して気になることがあれば、一度ご相談ください。

フォトギャラリーに掲載する写真を募集しています。詳しくはスタッフにお聞きください。

フォトギャラリー
歯石を除去した後の口の中です。
歯周病が進行した結果、歯肉が弱り、歯の根元がむき出しになっています。
自然に抜け落ちた歯の跡です。口から鼻に貫通しています。
歯の根元まで病気が進行した結果、貫通にまで至っています。


バックナンバー