TOPへ


特殊診療

外部の専門的な先生と協力することにより、より高度な診療を可能にしています。

外科

一般的な手術はなんでも対応しております。
外科は技術だけがあっても良い“治療”とはなりません。
必要な時に必要な処置を施す知識を併せ持って初めて“治療”になります。
当院は普段から外科の専門的な勉強会や実習に積極的に参加することにより、よりしっかりとした知識を得ております。
また技術面では、自身の腕を磨くだけではなく、外科専門の先生と協力体制をとることにより簡単な手術から、大変高度な手術までほとんどの症例に対応できるような体制をとっております。


(参考サイト)「HJS」http://h-j-s.jp/

当院での過去の症例
胆嚢切除、前立腺手術、会陰ヘルニア、椎間板ヘルニア、鼠径ヘルニア、大腿孔ヘルニア、体表腫瘍、腹腔内腫瘍、胃腸の手術、手足の骨折、脊椎骨折、顎の骨折・人口顎形成、股関節の手術、眼球摘出、生殖器の手術、膀胱結石、尿道の手術、腎摘出、尿管の手術、皮膚欠損の形成手術、歯科手術 軟口蓋過長症、喉頭虚脱などなど・・・

眼科

特殊な機器を用いて、様々な症例に対応しております。
より重度の症例は、日本で唯一の眼科専門医を紹介、連携し診療にあたります。

「どうぶつ眼科専門クリニック」 http://vosc.us/

先制医療科

病気は犬種や猫種、生活環境や年齢により発生リスクが変わってきます。
先制医療とは、その個々の患者さんが抱えるリスクを、健康なうちにコントロールしていく医療です。
少しわかりやすく説明すると、単純に寿命が伸びることを目指すだけでなく、
ある患者さんが生涯を以下のように過ごすとすると、

先制医療を行うことで同じ寿命でも

という風に、楽な期間を伸ばし、きつい期間を短くすることを目指す医療です。
生活環境や食生活の改善、サプリメントや予防効果の期待できる薬の使用等でコントロールしていきます。
そのためには定期的な状態のチェックが欠かせません。
当院では、獣医師が2、3に当たると判断した患者さんは月に一度、定期無料検診を受けていただけます。
(適応と判断した患者さんには診察時に詳しくご説明致します。)
おうちのワンちゃんネコちゃんが対象となるか、気になる方は一度ご相談ください。